開発者プロフィール

benner-sp03_02

ペンネーム→池田紅玉(いけだ こうぎょく) 

Kogyoku Ikeda

本名→    池田 和子(いけだ かずこ)

【ペンネームの由来】

長年リンゴに関するグッズや書籍を集め、家中にリンゴが飾られていて赤い色が好きなことから、2000年からペンネームをリンゴの品種の紅玉(こうぎょく)として執筆や講義・講演活動をしている。

DSCN0512 DSCN0417
1951年:東京都世田谷区三軒茶屋に生まれる
中学時代は親の仕事の関係でタイのバンコクにある「タイ国 日本人学校」でも学ぶ

【学歴】
1970年:都立青山高等学校卒業
1975年:日本大学 文理学部英文学科卒業(英語音声学専攻)
1977年:日本大学 大学院 修士課程(現博士前期課程)修了(英語音声学専攻)
1979年:米国 カリフォルニア州立大学 大学院 スピーチ・コミュニケーション学科 修了(朗読、おもに朗読劇を専攻)

1オレゴン

【職歴】
1980年~1981年:大学非常勤講師
1981年:出産の為、一時休職
1982年~1992年:東横学園女子短期大学(現 東京都市大学)英文学科 助教授
1992年:ハーバード大学(Harvard University)客員研究員となるハーバード2
1996年:米国より帰国
1996年~:青山学院大学(英米文学科)・日本大学などで教鞭をとる。担当科目:英語の朗読、音声学他

【主な活動】
  1. 2001年に、西武ドームで「4千人の英語教室」(集英社企画)を達成 20140518164946_00001 
  2. 執筆活動(主な著書は別ページを参照)
  3. 講義・講演活動(大人に対する英語朗読・発音教育・バイリンガル教育・子育て一般に関する講演の他、腹話術人形を使った子供向けの楽しいパフォーマンスなどの経験も豊富)
  4. 「池田紅玉メソッド」として過去2年間、東京都文京区の筑波大学附属小学校で研究授業と自宅における5年間のモニター教室にて、「バイリンガルそろばん」&「バイリンガル暗誦」を実践し効果を上げ、「池田紅玉先生のバイリンガル教育システム」を構築。
  5. 47段階に及ぶ「バイリンガルそろばん」®(登録商標)のプログラムと検定試験、「バイリンガル暗誦」のプログラムと検定試験も完成し、意識の高い保護者に支持され話題となり、取材記事などでも多く取り上げられる。「バイリンガル読み聞かせ」にも造詣が深い。
  6. 「この指とまれプロジェクト」リーダー:長年の研究、実践で築き上げた「池田紅玉メ ソッド」に共感・賛同してくださる方とのコラボレーション、協力の仕方を模索中。
  7. 一人息子に0歳からの「バイリンガル教育」を施し、バイリンガル弁護士に育てた経験から、国際的な見地からの「未来を見据えた子育て」をライフワークとしている。
    3
kiji02 kuma-fukidashi_04
(朝日ウィークリー2006年6月11日号より)