高きを目指して

28  b

  Reach for the highest apple,

  you can get the lowest ones later.

 子どもたちの学習能力、吸収力を過小評価する傾向が時々見られます。実は子どもたちには生まれつき備わった、とてつもない学習能力と意欲があるので、それを伸ばしてあげない手はありません。

 リンゴ appleという単語が入っているからではありませんが、私は上の言葉が大好きです。「一番上になっているリンゴをとるようにしなさい。一番下のリンゴはいつでも取れるから。」とは、素晴らしい励ましの言葉ですね。さあ子どもたちよ、しっかり背伸びをして上を目指して頑張りましょう!

(注意)このページのイラストは漫画家彩花みん先生の作品です。著作権は彩花先生にありますので、コピーは著作権侵害になりますのでご遠慮ください。