魔法のカナ

「魔法のカナ」Magic Kana について パソコン熊2

 2000年に上梓した「満点ゲットシリーズアラレちゃんの 小学生からはじめるこれだけ英語」(集英社)以来、私は下にあげたように「魔法のカナ」を付けた本を出版してきました。「魔法のカナ」自体が支持され続けていると思うと、嬉しい限りです。

さてそれでは、「魔法のカナ」とは何のことでしょうか?

皆さんは昔、好きな童話や図鑑を開いたときに、難しい漢字が書いてあるのにもめげずに、その本を読み続けた経験はありませんか?本を投げ出さずに食いついていけたのは、もしかしたら、その漢字の横か上に、ルビ(ふりがな)が付いていたためなのかもしれません。

 外国語である英語も同じことです。英語を声に出して読みたくても、発音があやふやで、なかなか読めない。CDやラジオやテレビの英語を聞いても、その発音やイントネーションを、なかなか再現できない。そんないらだちが、やがて諦めに変わってしまった経験を持っている人も少なくないのではないでしょうか?

 言葉の学習は音から入るべきです。音の伴わない語学の学習などあり得ないのです。発音できない言葉を学ぼうとすることほど、無味乾燥で空しく、役に立たないことはありません。「カナ」は漢字に付けたルビのような役目を果たします。また、自転車の補助輪のような役目もしているのです。補助輪があれば、遠くまで走って行けます。転びそうになっても、助けてくれます。また、発音された瞬間に消えてしまい、記憶に残りにくい音も「カナ」で表記されていれば、思い出すきっかけにもなります。

「カナ」はわかり易く、発音を表記できる便利なものです。日本人が持っている財産なのです。宝の持ち腐れにならないように、この財産を最大限に活用すべきなのです。「魔法のカナ」は、私の長年の英語発音指導の経験と英語音声学の理論に基づき考案された、子供から大人までに効果がある発音法なのです。

「魔法のカナ」の特徴

  1. 「魔法のカナ」とは、平仮名とカタカナという日本の文字を使って、限りなく実際のアメリカ発音に近い発音を再現した発音表記法です。
  2. 通じる英語、忘れない英語を目指す「魔法のカナ」には、大・中・小の大きさの違いや太字・細字などがあり、強弱をつけてはっきり発音すると、英語らしいリズムが簡単に身につき、日本人を悩ませ続けてきたカタカナ発音からも開放されます。
  3. 「魔法のカナ」は英単語のレベルにとどまらず、文章のレベルにまで及んでいるので、日本人には習得しにくい英語のリズム、文章中の音の連結、脱落、同化などの音声変化(音変化)が一目瞭然にわかります。
masc-sですから、まとまった文章をしゃべることに自信が持てるようになるだけでなく、発音のルールがわかるので、英語を聞き取る力も向上します。
この発音表記の威力は、「魔法のカナ」に忠実に従って発音した人の口から飛び出す、正しく美しい英語の発音が証明してくれるでしょう。そのことは、学習者が録音した自分自身の発音を聞くと、本人が一番効果を実感出来るはずです。> 集英社のサイトを見る

《「魔法のカナ」が付いている池田紅玉の著書一覧》     


    1. 「満点ゲットシリーズ  アラレちゃんの 小学生からはじめるこれだけ英語」集英社2000年)
    2. 「満点ゲットシリーズ  アラレちゃんの 小学生からはじめる続これだけ英語」集英社(2000年)
    3. 「満点ゲットシリーズ アラレちゃんの 私案小学校英語教科書」  集英社 (2001年)
    4. 「『魔法の仮名』で英語が身につく㊙勉強法」 大和書房 (2001年)
    5. 「教科書ガイド 教育出版版 中学英語1年~3年」 日本教材システム (2002年)
    6. 「いきなりネイテイヴ発音 英会話編」 学研 (2003年)
    7. 「いきなりネイテイヴ発音 英単語編」 学研 (2003年)
    8. 「素晴らしい英語朗読・音読の世界(CD付き)」教育出版(2005年)
    9. 「満点ゲットシリーズ ちびまる子ちゃんの英語教室(CD 付き)」 集英社(2006年)
    10. 「道徳+小学校英語で使える ことわざ40選」 編著 明治図書(2009年)
    11. 「花より男子 ステップアップ英語BOOK(CD 付き)」 集英社(2010年)
 

「魔法のカナ」への推薦文。池田紅玉の著書から抜粋。

①戸田 奈津子(とだ なつこ)先生 【映画字幕翻訳者】
 池田紅玉さんの発音表記「「魔法のカナ」は、涙ぐましい工夫で、正しい発音とアクセント、リズムがカナで表されていて、子供にも親(大人)にも大いに役立つ。

②川嶋優(かわしま ゆたか)先生 【学習院名誉教授・元学習院初等科科長】
 「魔法のカナ」は、英語の発音に最も近い。
 この本はまず、楽しいことです。楽しいことは、勉強の基本です。小学生だけでなく、いっしょに本を開いたお母さんも楽しくなり、カナの機能を最大限に駆使して、正しい発音をやさしく会得できるようにしたことです。日本の文字を使って、これほど原音に近づけた試みは今までにありません。これで発音はだいじょうぶです。まさに「魔法のカナ」です。画期的なことです。こんなよい勉強方法が、今の大人が子供のころにあったらなあ、とつくづく感じさせられます。

③石川 九楊(いちかわ きゅうよう)先生 【書家】
配慮の行き届いた発音表記。池田紅玉氏の書を推薦する。以外にも英語教師やひととおり英語を学んだ大人達の発音矯正に抜群の威力を発揮するのではないだろうか?

④鈴木 佑治(すずき ゆうじ)先生 【立命館大学教授・慶應義塾大学名誉教授】
 池田先生のカナ表記は、音をビジュアル化したもので、耳だけでなく目で捉えることができますので、母音子音などの音は勿論のこと、日本人の不得意なアクセントや文の抑揚も耳で捉え、目で捉えられるよう工夫がなされています。

④中村 光宏(なかむら みつひろ)先生 【日本大学教授】(音声学博士)

 英語発音のイメージを実感したい皆さんにとって、「魔法のカナ」は頼りになるツールです。英語の話し言葉を身につけようとするとき、大切なことのひとつは 音声についてのコンセプト・フォーメーションです。「魔法のカナ」に従って口を動かしてみることで、日本語に似ているけれどもちょっと違うところ、英語ら しいと感じられるところ、そして耳では感じ取れるけれども口では難しいところなど、様々な発音イメージを実感できることでしょう。また、「魔法のカナ」は 英語発音をぐっと身近なものにするので、あなた自身の英語発音に再発見をすることも可能です。具体的な発音イメージを実感することで、音声言語に対する興味が更に広がるきっかけになることを期待しています。