ワーズワースの「水仙」の詩

IMGP2267
 朗読の授業で詩の単元を先週から扱っていますが、ご多分に漏れずワーズワースの「水仙」The Daffodils から朗読練習を始めていて、近い内に暗誦課題にしようと思っています。この詩は一般的な iambus という弱強格のリズムで構成されているので、声に出すと詩の美しさが実感できるので、学生も暗誦し易いようです。韻(脚韻)も踏んでいるので(下の cloudとcrowd, hillsとdaffodilsで小気味好いですし。

 水仙の花の写真がないと思っていたら、義妹が旅行先で撮った綺麗な写真があったので拝借しました。余談ですが、「水仙」の日本語のアクセントですが、「す」を高く言う人が多いのですが、「い」が高くなり、ちょうど「推薦」とか「水洗」と同じ発音(アクセント)になります。「す」を高く言うのは「垂線」の時です。

I wandered lonely as a cloud

That floats on high o’er vales and hills,

When all at once I saw a crowd,

A host, of golden daffodils;

 以下省略

 下の拙著の102ページにも、この詩と訳が掲載されています。↓

 

すばらしい英語朗読・音読の世界 魔法の仮名つき